アフラック

2009年8月 2日 16:40 | コメント(0) | トラックバック(0)
忙しい人に朗報!【便利な出前】ネットでらくらく注文♪

 

アフラックの学資保険は、高校と大学の入学時に祝金を受け取ることが出来る保険です。かわいい子供の保険という名称で人気の学資保険です。

アフラックの学資保険は、教育資金が必要となる時期をサポート出来るように、まとめて受取ることが出来る特徴を持っています。

高校進学時と大学進学時に受け取れる祝金の金額は100万円から800万円まで設定することが可能で、高校進学時は設定金額の30%を受け取ることが出来ます。

アフラックの学資保険には、保険料払込免除特則があり、この場合の契約条件は、子供の年齢と契約者の年齢が44歳以下であることが条件になります。保険料払込免除特則を利用しない場合、契約者年齢に関係なく、0歳から5歳までの子供であれば契約することが出来ます。

アフラックの学資保険は、出産予定日の140日以内であれば出産前に契約することが可能です。出産前に契約をした場合は、子供が産まれたらすぐに連絡するなどの条件がいくつかあるようです。

アフラックの公式サイトでは、かわいい子供の保険の保険料金をシュミレーションがあり、支払プランの参考にすることが出来ます。学資保険を考えている方にはおすすめのシュミレーションで、教育プランの参考にすることが出来るでしょう。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

アフラック
アフラックの公式サイトでは、かわいい子供の保険の保険料金をシュミレーションがあり、支払プランの参考にすることが出来ます。学資保険を考えている方にはおすすめのシュミレーションで、教育プランの参考にすることが出来るでしょう。
アリコ
アリコの学資保険は「こども保険」という名称で人気の保険です。アリコの学資保険は学資積立と医療保険がセットになっている保険で、学費給付金を必要な時に一括で受け取ることが出来ます。
ソニー生命
ソニー生命の学資保険は、払い込んだ保険料よりも多くの学資金を受け取りことができ、オーダーメイドのプランを設計できるところが特徴です。またプロのライフプランナーが最適な保険作りのお手伝いをしてくれるので、将来に合わせたプラン設計を行うことが出来ます。
フコク生命
フコク生命の学資保険は、教育資金作りを目的とした保険で貯蓄型の学資保険です。子供の成長に合わせて祝金を受け取ることができ、0歳から加入することが出来ます。
三井住友海上
三井住友海上のこども保険は、学資保険です。学資保険には、貯蓄型と保障型の2つのタイプがありますが、三井住友海上の学資保険が貯蓄型の学資保険になっています。しかし三井住友海上の学資保険は、医療特約を付けることで保障型の面を持ち合わせているため、学資保険ひとつで2つの保険に加入したのと同じことになるので安心感が持てます。
住友生命
住友生命の学資保険は、「こどもすくすく保険」といい、子供が誕生してすぐに加入する方が多いようです。住友生命の学資保険には、18歳満了タイプと22歳満了タイプがあり、保険料払込期間を12歳、15歳、18歳、全期型を選びことが出来ます。
損保ジャパン
損保ジャパンには、「こどもたちくらぶ」という学資保険があります。損保ジャパンの学資保険は保険型の学資保険で、教育資金をしっかり貯蓄したいと考えている方にはあまりおすすめ出来ません。
太陽生命
太陽生命の学資保険は保障型の学資保険で「ひまわり学資プラン」と言います。太陽生命の学資保険は、育英年金とこども保険が主な内容となっており、育英年金は2タイプに分かれています。育英年金の種類には、契約時の育英年金金額を満期まで受け取れるタイプと、子供が12歳を過ぎると徐々に育英年金が増えていくというタイプがあります。
第一生命
第一生命には「mickey(ミッキー)」という学資保険があります。第一生命の学資保険「mickey(ミッキー)」は、保障型の学資保険です。
日本生命
日本生命のこども保険には、「げんきEX」というプランがあり、保障型の学資保険になっています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1-37.ikeike.biz/mt-tb.cgi/1236

コメントする



このサイトを購読する